コレステロール


ストレスがかかり、溜まるというメカニズムや、手軽で有効なストレスのケア方法など、ストレスに関係している細かい知識を学ぼうとする人は、現時点ではまだ少ないようです。
日本における結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に準じておこなわれてきましたが、半世紀が経過した2007年から他の数ある感染症と同じように「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って実行されることに決まりました。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や糖尿病といった色んな生活習慣病の合併症の素因となる可能性が高いといわれています。
肝臓を健康な状態に維持するためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低くならないようにする、要は、肝臓の老化対策を地道におこなうことが効果的だと思われます。
うす暗い場所だと光量不足のため見辛くなりますが、より瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに不必要なパワーが使用され、光の入る所でものを見るよりも疲れるのが早くなるのです。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術」の二つの異なる治療が熱心におこなわれています。
肥満(obesity)の状態というのはあくまで食事の栄養バランスや運動不足が誘因ですが、同量のごはんであれ、あっというまに終了する「早食い」を日常化することにより脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招く恐れがあります。
酒類に含まれるアルコールを分解する特徴があるナイアシンは、宿酔に効果的な成分です。嫌な二日酔いの誘因物質だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の無毒化にも携わっているのです。
よく耳にする心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭くなってしまい、血流が途絶え、酸素や大切な栄養が心筋に配達されず、筋細胞自体が壊死する恐ろしい病気です。
30〜39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気のことを指します(日本においては40歳未満の比較的若い女性が閉経する症状を「早発閉経(POF)」と呼ぶのです)。
体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに使われる糖質、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこのように体をキープするために外せない栄養までもを欠乏させている。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、替わる新しい手段として、2012年9月から原則無料で接種することができる定期接種となることによって、病院などで個々に注射する個別接種という形に変更されました。
子供の耳管の作りは、大人のそれと比較すると太目で短くなっており、またほぼ水平になっているため、様々な細菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。
内臓脂肪タイプの肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧、高血糖の中で2項目か3項目全てに一致する健康状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。
国民病ともいわれる花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量に放出される花粉が元凶となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。